京の友禅屋

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

40年前に創ったきもの!

        40年前のきものです。
 この着物は、私が25歳になる頃に創ったものです。
 水の流れ、動きをどのように表現すればと試行錯誤の末に
 仕上げました。

   TS3D0332.jpg     TS3D0330.jpg


            TS3D0334.jpg
            上前のアップです。

 
スポンサーサイト

| 友禅 | 21:55 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

桜の染め額!!

      桜の染め額です。

 お彼岸も過ぎましたのに、寒の戻りで寒い日々ですね。
 早く暖かくなり 春、爛漫のさくらが待ち遠しいです。
 京都には桜の名所が沢山ありますが、満開近しは、平野神社と
 醍醐寺とのことです。
 私のウォーキング、コース宝が池は まだちらほら咲きですが
 若葉の芽吹かぬ林には、みつばつつじの ふじピンクが際立って
 咲いています。

 TS3D0317.jpg   TS3D0318.jpg
  八重の枝垂れさくらを 短冊に仕上げました。

           TS3D0314.jpg

           TS3D0315.jpg
            蕾の時の赤紫も美しいです。

           


 

  

| 友禅 | 20:35 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クレマチスの振袖 お誂え!

   クレマチス花の振袖

 お花の季節はもう少し先になりますが、紹介します。
  この振袖もクレマチスの花とのご希望で、地色もご自身で
 選ばれての作業になりました。
           TS3D0313.jpg
           ひながた草稿です。

   TS3D0309.jpg   TS3D0311.jpg
   実際の地の色はもう少し薄く黄色掛かっています。

           TS3D0312.jpg
           左の前袖です。袖山のすぐ下に絵付けをしました。


  

           
  

| 友禅 | 19:30 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

しゅんらんが咲きました。!!

 我が家の庭に植えてある しゅんらんが今年も花を付けてくれました。
そんなに手入れもしていないのに、環境が良いのか毎年春を
告げてくれます。蕾も十二もありこれから長く楽しませてくれます。

植木鉢の株は残念ながら今年は蕾がゼロでした。??

    TS3D0307.jpg

| その他 | 20:56 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

誂えのきもの

    チューリップ柄のキモノ

   知人のお嬢さんからのご注文で お好きなチューリップ花の
   着物を創りました。

  TS3D0306.jpg   TS3D0305.jpg

  TS3D0300.jpg
   雛形草稿を3点描き・・ご本人の希望をお聞きし、
   取り入れて製作に取り掛かりました。   

  TS3D0304.jpg  TS3D0299.jpg
   完成した着物です。  

   

| 友禅 | 22:57 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

娘が着た卒園式の着物。

    卒園式のきもの 
娘には三人の男の子がいます、その次男が十三日に卒園するので、
当日は五時起き・・ 大阪まで式に着るきもの一式を持って出向きました。
その着物は以前に創ったきものを色抜きして 染め替えた物です。

       TS3D0295.jpg
   この着物は瓦屋根に雪が積もった景色を 題材にして創ったものです。
   手持ちで長く我が家にあり 着るめどが無いので脱色をしました。
   脱色をしますと色は抜けるのですが、雪の所には胡粉を
   使っていて取り除く事は出来ませんでした。

   染め替えたきもの

 TS3D0290.jpg  TS3D0293.jpg
                     帯止めは息子が創った(梅)錫製です。

 TS3D0292.jpg  TS3D0291.jpg
  この着物はろうけつ染めをされている方に色だしをしてお願いしました。 
  地全体に蝋吹雪をし 薄色をまず引き染めして
  もう一度蝋吹雪した後 中色を重ねて引き染めしてあります。
  薄白く見えている所が残っていた胡粉の場所です。

  帯は西陣の織やさんの仕事で 更紗の部分を彩色した物で
  帯地と模様も気に入り お分けしていただきました。

  TS3D0297.jpg
  八掛には四季の小花を友禅で散らしました。
  


  

| 友禅 | 20:58 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

包み袱紗が仕上がりました。

   包み袱紗の出来るまで・・

  TS3D0279.jpg
  貝桶の図  草稿です。 この図を白生地(絹)の上に青花で輪郭を描きます。
                 その上から筒紙を用いて、糸目状にゴム糊を置き
                 防染し、その内側に色を挿します。

  TS3D0238.jpg  TS3D0246.jpg
      大張り伸子          長い生地の場合の伸子の張り方。
  TS3D0248.jpg  TS3D0250.jpg
      色挿しの後ミョウバンで   伏糊置き ネバ糊(市販されている
      彩色の仮留めをします。    でんぷん糊)で模様の部分を  
                          伏せます。
 
  TS3D0273.jpg        
     地色を刷毛で引染します。   この後、蒸しにより彩色された色を
                        染着、水元(水洗い)で伏せ糊を
                        落とし、パークロルエチレンなどで
                        ゴム糊を取り除きます。

 ゆのし(生地織物に蒸気をあてて生地の風合いを柔軟にし、シワを伸ばし
 幅や、長さをそろえます)。   
    
    完成した袱紗の作品です。

  TS3D0275.jpg 
               
                 TS3D0276.jpg
                   ご希望で、名前を染で入れられます。

  TS3D0277.jpg 

           TS3D0278.jpg
        仕立ては単衣で、大きさは38cm×40cmです。



  
                             

    
 

| 友禅 | 20:22 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

手描染ハンカチの製作体験ができます。

  伝統産業の日2009
市では春分の日(今年は3月20日)を<伝統産業の日>と定め、
毎年この日を中心に多彩な事業を実施。
7回目となる今年は(DO YOU京もの?<京ものを使ってますか?>)をテーマに、
環境・エコといった観点からも(京もの)を紹介します。 

 詳しくは  (伝統産業の日) で 検索お願いします。     
    
    TS3D0274.jpg
 
京友禅フェアin四条京町屋
会場 四条京町屋(下京区、四条西洞院東入)

 とき 3月13日(金)~15日(日)、午前11時~午後6時。
    京友禅の展示や手描染ハンカチの製作体験他。
 料金   無料。
 申込み  不要。 
 
製作体験の内容は 木綿のハンカチ(一枚分が伸子張りしてあります)に
金で草花が描かれています。
その模様に顔料(樹脂を含む)で色を挿していただきます。
色数は6色ですがご自分の配色で自由に彩色ができます。
出来上がりはアイロンで熱処理してからお持ち帰りいただきます。

私は15日の体験日に一日お手伝いで会場におります。

| 友禅 | 08:40 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。