京の友禅屋

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

作品展用 訪問着  ”挿友禅” 続き・・・

     コバギボウシの色挿し

     花に彩色の後、ベージュ濃淡でシルエットの部分に
     モヤ暈しを入れながら色挿しを・・・その後はとり方の部分を
     地色の共濃いのグレーで仕上げました。
     
     色挿しは、作業机の中央に四角く切り取った穴があけてあり、
     その下に熱源が置けるようになっています。私は電熱器を使用しています。
     色挿しを行うと同時に、生地の下より熱であぶりながら作業を進めます。
     
     一つは、余分に付いた染料液の乾燥を早めて、糸目糊から染料が
     にじみ出るのを防ぐ。
     
     二つは、生地の裏まで、熱によって染料液を浸透させ、
     生地にしっかりと染着させる目的があります。
     
     色を挿していくのは、できるだけ白(胡粉)や薄い色からはじめ、順に濃色へ
     移って行くことを基本にしています。

       TS3D0663.jpg  TS3D0664.jpg

       TS3D0665.jpg

                 TS3D0666.jpg
                 オクミ、上前の一部分です。
 

      挿友禅が仕上がった後は、蒸し屋さんで蒸しの工程に移ります。
      生地上に置かれただけの染料を、蒸すことによって初めて染着が得られ、
      完全な発色を促し、その染料の持つ色相と染色堅ろう度が得られます。

       
スポンサーサイト

| 友禅 | 20:53 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

作品展用の訪問着 ” 挿友禅 ”

     コバギボウシの花 色挿し

   引き染め屋さんにお願いしていた地染めが出来あがり
   色挿しにとりかかりました。

        TS3D0658.jpg
        伏糊を取り除いた所(生地白)に色挿しをしています。
        この場所のゴム糸目は最後に取り除くと白い線に上がりますが、
        濃いグレーの糸目(色ゴム)の所も色挿し(シルエットに仕上げます)
        をしますが、これを取り除くと薄ねずみの線で現れます。

        TS3D0660.jpg

        TS3D0661.jpg
        ぼかし用の刷毛です(片羽刷毛)
        挿友禅でぼかし染めを表現する場合に使います。
        使い方は刷毛に少し糊を入れた水を含ませ
        穂先の長い方に染料液をつけてぼかしてゆきます。

        TS3D0662.jpg
        花のみに色挿しをした一部分です。
        

| 友禅 | 22:39 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

作品展用の訪問着 ” 伏糊置 ”

       伏糊置の作業です。

       TS3D0644.jpg
       ゴム糸目に沿ってでんぷん糊でまずふちくくりをします。
       その後、模様のなかを伏せていきます。

       TS3D0646.jpg
       泡抜きをした後、挽粉(ひきこ)<木材を製材する時に出る
       オガクズ>をかけます。
       糊の表面を保護したり
       後に行う引染や蒸しの工程で、糊がやわらかく戻った場合に、
       生地に触れて付着する(打合い)の事故を防ぐためです。
 
       TS3D0647.jpg
       余分な挽粉はふるい落とします。

       TS3D0645.jpg
       上前の部分です。
       今回は、花の所のみ伏せましたが
       どの様に仕上がるか?少しだけご期待くださいね。
       

        

| 友禅 | 21:00 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私の仕事館。体験指導へ!

1247960530-TS3D0639.JPG
1247960522-TS3D0648.JPG
17日にも出向ましたが体験された方が7名でした。内容は綿のハンカチに金で草花が線描きしてあり、その所に樹脂染料で自由に色付けをします。最後に裏からアイロンで熱処理をしてお持ち帰りいただきます。 仕事館の全景ですが大き過ぎて全部入りません。 友禅体験のコーナー です。

| 友禅 | 08:42 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

手描友禅 染額用? オリエント柄。

     手描友禅、オリエント柄。
     以前に創った物ですが、これらも同じ図柄で三配色で彩色し、
     どのようなイメージに仕上がるか試みてみました。
     額に入れてもいいのですが、端を房にしてテーブルセンターにもと
     思っています。縦 65cm 横 37cm

    TS3D0624.jpg TS3D0625.jpg
    生地白に胡粉の濃淡でぼかしの技法も取り入れて・・・
    仕上げに少し金泥で線描きを加えました。

    TS3D0622.jpg TS3D0623.jpg
    藍濃淡の単彩でベージュをポイントにあしらって明るさを
    出してみました。

    TS3D0620.jpg TS3D0621.jpg
    色数は多めに使いましたが、色目を抑えて落ち着いた
    雰囲気に仕上げました。


    

| 友禅 | 21:38 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

餌台にスズメ達!

1246883895-~TS3D0615.JPG
庭の餌台に、このところスズメの家族?がやってきて、ピーチク、ぱーちくと賑やかな食事タイムです。

| 友禅 | 21:38 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。