京の友禅屋

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

孫娘の「さくひんてん」!

     26日の土曜日に、三歳になる孫娘 ゆらちゃんが通う

     保育園の作品展に行って来ました。

     1歳児から6歳児の園児たちが、先生達のご指導で

     感心させられる出来映えの、さくひんが数多く発表されていて、

     顔が思わずほころんでしまいました。


IMG_1440.jpg
        保育園の前でピース! まぶしいよ~。

IMG_1414.jpg IMG_1415.jpg
  会場は数えきれないほどの作品で、圧倒されました。


  IMG_1429.jpg IMG_1430.jpg
    ゆらちゃんが作ったオニさんの前でパチリ! 


          IMG_1416.jpg
           おいしそうなおにぎり弁当です。 
           素材は? 画像を大きくしてみて下さいね。♪


             IMG_1438.jpg
            上がぶどうで下がかぶです。


          IMG_1417.jpg
          おとうさんと作品に見入るゆらちゃん。
          手前写真に写っている、赤白ボーダー服は
          制作中のゆらちゃんです。


            IMG_1442.jpg
            久しぶりに時間が合ったので、
            近くのお店でご機嫌のランチタイムです。       

         
                    

スポンサーサイト

| その他 | 20:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

友禅染のタペストリー。

   我が家の手狭な玄関に掛けているタペストリー

   です。

   この所の暖かさで、庭の梅はもう少しで開花しそうですが、

   2月初めから季節の物をと、紅梅、白梅を配した図柄で

   早春の香りを先取りしたくて、掛けています。

          IMG_1412.jpg

                 
              ☆      ☆


          IMG_1411.jpg
         この友禅染めは、額装で仕上げようと思って
         
         いたのですが、絹の風合いや本友禅の技術も、

         間じかで見ていただければとタペストリーに

         仕立てて、今日出来上がった所です。


      

| 友禅 | 20:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

昭和初期の色留袖を参考に。「唐子」

      秋にお孫さんが結婚される、Aさんからのご依頼ですが

      式の当日にお召しになりたいとのご希望でした。

      昭和初期に創られたと思われる?色留袖をお持ちいただき、

      今風に配色は少し変え、再現出来ないかとのご注文です。


      人物の顔は難しくて、思案しましたが色留の唐子が

      良いお顔に描かれていましたので、それを参考に

      させていただく事で、お引き受けする事にしました。


        IMG_1404.jpg
        お持ちいただいた、年代物の色留袖です。


        IMG_1405.jpg
        生地は薄くて擦り切れています。

 IMG_1344.jpg  IMG_1347.jpg

 IMG_1348.jpg  IMG_1350.jpg
   見本の唐子は、丸坊主さんが多いので髪の毛を付けてとの
   ご依頼でした。


IMG_1402.jpg IMG_1403.jpg
     髪の毛と、少し晴れやかにと菊の花を持たせた
     図柄も書き加えました。
       


| 友禅 | 20:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Mさん。地染めの作業。

      前回は伏せ糊置きの工程を紹介しました。

      今回は刷毛で、引き染作業の体験です。

      事前におおよその地色の色を決めて来ましたが

      希望を聞き、少しの変更と暈し染の技法も使って

      仕上げました。


           IMG_1389.jpg


           IMG_1390.jpg
           地色の色合わせ、何度も色見の生地でテスト!


           IMG_1391.jpg
           4枚染めましたが右端の紺はもっと赤味で
           紫系です。

          
           IMG_1392.jpg
           地染に使用した、いろんな種類の刷毛の一部
           です。


     この後は、蒸し屋さんで蒸し(蒸気で地色を定着させる)

     水元(水槽の流水で伏せ糊を取り除く)の行程を

     お願いし、色挿しの行程に移ります。

      

| 友禅 | 22:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

手描友禅。KRさんが名古屋帯に挑戦!!

     体験日数がまだ少ないですが、以前に友禅を少し

     経験されていて、各行程を思い出しながらも、

     丁寧に仕上げていかれてます。

     今回は手持ちの白生地を活用されて、黒地の帯で

     一月、お正月に関連した図柄で、羽子板を描かれました。

     これからのご希望は、月、月の季節の題材を取り入れて

     楽しい帯を、一点ずつ染め上げればと頑張っておられます。


        IMG_1385.jpg
        草稿を下に敷き、図柄を生地に青花で
        写しとり描きます。

          IMG_1386.jpg
          タイコの部分の下絵が完成です。

        IMG_1387.jpg
        ハラの部分のゴム糸目糊置きの工程です。


        IMG_1388.jpg
        練習用に描かれた桜です。
        前回に糸目と、伏せ糊置きまで終えられた物を
        刷毛で地色を暈して染めました。
        
        夜桜に仕上げましょうか、と私からの提案に、
        KRさんも同じ思いを持っておられましたので
        グレーとベージュの、暈し合わせを取り入れ、後の友禅で
        色の変化を付けて、夜桜の浮き上がった雰囲気に
        仕上がればと思っています。
        
        
                

        

      

| 友禅 | 20:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Mさん。手描友禅の伏せ糊置きの行程。

     ゴム糸目糊置きの工程も終わり、今日はその模様の

     所を、餅粉と糠で作られたネバ糊で、伏せ糊置きの

     作業に移りました。

          IMG_1379.jpg
        模様の外側輪郭に、ネバ糊よりも少し硬めの糊で
        細く置かれたゴム糸目の上に、半分ほど載せるように
        してふち括りを行います。

      IMG_1380.jpg
        ふち括りをした模様の所を、ネバ糊で
        伏せます。

             IMG_1381.jpg
            小さな泡が出来るので、棕櫚などの刷毛で
            泡の所をなぞると泡が消え、糊が穴を
            埋めていきます。

        IMG_1382.jpg
        ネバ糊の上に挽き粉をかけ、他の所に
        糊の付着、乾燥やひび割れを防ぐ役目をします。

             IMG_1383.jpg
            余分な挽き粉を振るい落とすと、ネバ糊が
            置かれた糊の部分に、挽き粉が付着して残ります。

         糊の柔らかい間に、生地の裏から、霧吹きで軽く糊の
         部分を湿らせて、生地への定着を強くしておきます。

       次回は地色を刷毛で染める、引き染めの工程を

       紹介いたします。


      

| 友禅 | 20:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「伝統的工芸品展WAZA2011」にも出展します。

    先にご案内しました「彩芸東京展」が16日に多数の

    ご来場頂き、盛会の内に無事閉幕致しました。

    皆様には誠にありがとうございました。


    引き続き、「伝統的工芸品展 WAZA2011」にも

    出品致します。会場の都合で何点展示されるか

    解りませんが、「彩芸東京展」をお見逃しになられた

    皆様には是非ご高覧ください。


    ※ 会場  東武百貨店池袋店 染織は9階呉服売り場

    ※ 日時  平成23年2月24日(木)~3月1日(火)

       会場には彩芸組合の担当者が出向いていますので
       何なりとお尋ねください。

         IMG_0996.jpg

| 友禅 | 20:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Mさん。手描友禅、今回の題材は。

     前回、半襟の紹介をしましたMさんが、技術を磨こうと

     次の小布制作に取り掛かりました。

     前に色挿しのみの仕事をされていたのですが、

     どうしても、自分の作品創りをしたくて通っています。

     自分の振袖制作で紹介しましたkさんと同じで、Mさんも

     自活の為、バイトをしながら空き日を、こちらと

     調整し、頑張って勉強に来ています。

     
     若い二人が、伝統産業の京友禅の技術を、受け継いでくれる事は

     喜ばしい事で、私の持っている技法、技術を少しでも

     身に付けてくれればと願っています。

        IMG_1371.jpg
        左利きながら、下絵になぞってゴム糸目糊置きの
        作業です。

        IMG_1375.jpg
        紫陽花の糸目は完成しました。

    ゴム糸目の場合、筒が渋紙ですと使用後の手入れが

    大変な為に、今はファイルのビニールを切って作り

    使い捨てにしています。

      

| 友禅 | 20:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自作の半襟。

      Mさんは今年から、本格的に友禅の技術と技法を身に付け

      将来プロをめざして、勉強に来られています。

      今回は、実家より持ち帰った、お古の半襟(絹)に図柄を

      本友禅の技法で、染め上げられた物を紹介します。

     
           IMG_1370.jpg
        正絹で黄色く変色した物を、クリーム地に生かして
        ダリアの花?を大胆に、赤系統の色で挿しています。


           IMG_1369.jpg
        白地で使われていた物ですが、少し汚れが目立つ所に
        絵付けをし、ピンク地に染めました。

         IMG_1368.jpg
         Mさんはアンティクな着物が好みで、それ用の
         配色で、明るく楽しい雰囲気に仕上がりました。


     皆様もお手元に半襟がございましたら、お好みの
      絵柄を染めてみませんか?
         
      

| 友禅 | 21:24 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

10日から「彩芸東京展」開催のご案内。

     
    私の所属している<京都彩芸美術協同組合>が 昨年10月に

    京都で開かれた「彩芸展」が 東京でも開催されます。

    東京展は販売も兼ねていますので、全作品が衣桁には

    掛けられないと思いますが、作者一人一人の個性豊かな作品を

    お楽しみ頂けます。

         IMG_0996.jpg
       この作品は京都の彩芸展に出品した作品です。
         
  
 IMG_0867.jpg  TS3D0874.jpg

 TS3D0754.jpg  IMG_0274.jpg
  上の四点も出品していますが、会場の都合もあり展示せずに
  畳んであるかもしれません。

  会場には組合の役員(作者)が出向していますので、

  製作意図や技法について、お気軽に声をお掛けください。
 

   会場  東武百貨店 池袋店 9階  

  会期  平成23年2月10日(木)~2月16日(水)

    

    

| 友禅 | 20:46 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

成人、自作の振袖で!

    手描友禅の習得に来ているk下さんが、昨年草稿を描き

    布見本の制作にと、時間を掛けて仕上げた振袖で、

    今年、成人を向かえられました。


         IMG_1022.jpg


    写メールからいただいた画像UPで、鮮明ではありませんが

    紹介いたします。

           
       
         GRP_0037.jpg



         GRP_0057.jpg
         帯や小物は従姉さんからお借りした

         物とか、着物に良く合っていてよかったです。 ♪


        IMG_1181.jpg

     k下さんの今年の目標は、技術を覚えるから

     技術を磨くへと進めるように頑張る、との事、

     自活しながらの習得なので、なかなか思うように

     進めないと思いますが、これからも頑張ってくれる

     事を願っています。

     





         


    

| 友禅 | 21:15 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。