京の友禅屋

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テッセン花その後の色挿し。

     



  コピー (1) ~ IMG_0155   IMG_0156.jpg
     藤色の花も仕上がり胡粉花の所の葉に色を挿し始めました。

     グリーン系の濃淡で、10色の染液を合わせての色挿しですが

     色数が多いので、模様の合口を間違いの無いように注意しながら

     作業を進めています。


  IMG_0157.jpg
   今日は背と右出袖の部分の色挿しで終えました。まだまだ左袖、裾周りと

   多くの箇所が残っており完成の日が読めません。






   
スポンサーサイト

| 友禅 | 19:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テッセン花の胡粉暈し。

      帯の色挿しが急ぎの仕事で入り、遅れていた作品の

      白花の部分に胡粉暈しをしました。



 コピー (1) ~ IMG_0136
   暈し専用の片刷毛での胡粉暈しですが、胡粉はチタン胡粉とカゼインを

   乳鉢で練り、適度の濃度にして使用します。染液のようにサラッとしていないので

   刷毛の水の含まし具合など難しく、本友禅の技法では胡粉暈しの仕上がりで

   技量が判断される事があります。



            コピー (1) ~ IMG_0135



 コピー (1) ~ IMG_0137
   



             コピー (1) ~ IMG_0138




             コピー (1) ~ IMG_0139


      次回は濃いグレーのゴム糸目部分の花を、藤色で胡粉との暈し合わせで

      仕上げる予定です。

 



 

| 友禅 | 20:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

訪問着テッセン図。地色取り形の色挿し。

   糸目糊置と伏せ糊置が終え、引き染め屋さんにお願いしていた

   薄い地色が14日に染め上がってきました。

   そよ風をイメージした取り形を、淡い色での色挿しの作業に

   取り掛かりましたが、裾から肩へとグラデーションで染め分けるのに

   時間が掛かり、今日17日にやっとバックの部分が仕上がりました。



          IMG_0130.jpg
   


          コピー (1) ~ IMG_0128



 コピー (1) ~ IMG_0126 コピー (1) ~ IMG_0127
    色を挿す箇所の広さに合わせて刷毛を選び、仕上げていきます。



    
  コピー (1) ~ IMG_0134



                 コピー (1) ~ IMG_0133


            いよいよ明日からはテッセン花の胡粉暈しの作業に

            入ります。




   

| 友禅 | 20:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

孫娘と庭の花々♪

      昨日からお泊りの孫娘(4才)と公園、ママさんにと

      花屋さんでカーネーションの鉢、宝ヶ池まで行って

      足こぎボートに乗り、お昼前に帰宅・・・

      孫娘とも庭での楽しいランチも終えて・・・

      パパ、ママ、のお迎えでご機嫌で帰ってくれました。

      
コピー (1) ~ IMG_0109 IMG_0111.jpg
  滑り台何度も何度もあきることなく・・ 公園内にさくらんぼを発見!小鳥達も

  試食中で、私たちも赤く熟した物を少し頂戴し、甘くて おいしかった!!


         IMG_0119.jpg
         ボートでは船長宜しく 敬礼!!


         コピー (1) ~ IMG_0118
           遠くに国際会館と比叡山。

         余裕でジュースを飲みながらの片手運転です。      


                   

    しばらく庭の手入れが出来ずに居ましたが、花たちは


    それぞれにきれいな花を咲かせています。


      IMG_0105.jpg コピー (1) ~ IMG_0106
          姫なるこゆり。

     IMG_0123.jpg コピー (1) ~ IMG_0122
              シラン。

       

     IMG_0125.jpg
                匂いなでしこ。


 コピー (1) ~ IMG_0107 コピー (1) ~ IMG_0121
        みやこわすれ。          色違いのみやこわすれと二人静。

     
         IMG_0124.jpg
                永く咲いてくれるマーガレット。




            コピー (1) ~ IMG_0120
              今日仲間入りした 岩ふじですが

              我が家の庭の住み心地は如何でしょうか?









| 友禅 | 20:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テーブルセンター双龍図のゴム糸目糊置。

        テーブルセンターで繊細な図を描こうと、

        今年の干支である竜を題材に原図を仕上げて、

        ゴム糸目の糊置作業をしました。



           コピー (1) ~ IMG_0097
                    原 図。

 

 コピー (1) ~ IMG_0094 コピー (2) ~ IMG_0093
   当初は帯地で少し厚地の物で創ろうとしましたが、トレースでは

   図が細かすぎて写し取る事が出来ず、着物用の生地に変えての

   作業になりました。    サイズ縦38㎝×横70㎝



           IMG_0096.jpg
           糸目を二枚分仕上げました。


     テーブルセンター用に描いた図が、残り4枚有りその分は

     帯地で糸目を仕上げます。







| 友禅 | 20:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オオテマリ花!

     孫娘(4才)の誕生を記念して植えていたオオテマリが、昨年よりも

     大きな花を咲かせました。



コピー (2) ~ IMG_0061


    その孫娘がタイミングよく連休に一人でお泊りに来ました、

    5月の3日より6日まで、晴れた5日には庭でカエル探しに

    夢中で。   とったぞ!~~    

 コピー (2) ~ IMG_0064 コピー (4) ~ IMG_0045
  アマガエル、可愛いと言って手のひらに・・・♪ アマガエルは二匹ゲット。




          コピー (2) ~ IMG_0062
            おまけにこんなカエルが。

     コピー (1) ~ IMG_0063
        殿様ガエル??  さすがに大きすぎてつかめませんでした。



    午後には地元のお祭りがあり、お神輿を観に花園橋へ

         コピー (1) ~ IMG_0068


         コピー (2) ~ IMG_0077

      

          コピー (3) ~ IMG_0072
          台車から神輿を外し。

      コピー (2) ~ IMG_0074
       花園橋の交差点で車も一時ストップ、威勢の良い掛け声で・・・

         コピー (2) ~ IMG_0070
           子供用のお神輿も小型ながら立派な作りで・・・


         コピー (1) ~ IMG_0082
          まだお神輿を担げぬ子らが可愛いハッピ姿で

          行列に参加していました。






| その他 | 17:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鉄線花の伏せ糊置き。

     先週の土曜日に買い求めておいたネバ糊(でん粉糊)で

     鉄線の花部分のみの伏せ糊置きの工程を紹介いたします。

      
            コピー (4) ~ IMG_0035
         花のゴム糸目の輪郭、内側に沿って隙間のないように

         中太の糊を置き、裏から霧吹きで湿らせて糊の

         定着を良くして置きます。



 コピー (4) ~ IMG_0037 コピー (4) ~ IMG_0038
   中太の糊が適度に乾いたら、全体を伏せていきます。

   伏せる箇所が広めなので、平金の先を使っての作業です。


 コピー (3) ~ IMG_0040 コピー (2) ~ IMG_0041
  伏せの終えた所の泡を取り除き、挽き粉を振り掛けます。

  余分な挽き粉を取り除いたあと、この場合も裏から霧吹きを

  しておきます。




  この作品の地色は淡い色ですが、花は胡粉(白)を使うために

  花のみの防染で伏せる事にしました。

  葉の色は地色より濃い色を使うため、伏せるのを控え

  地色の上より色を挿し、二度染液が掛かる為に深みのある

  色合いが得られるのと、時間の短縮にもなります。


 
   体験教室ではこの様な工程で、お好きな物の制作を楽しんで

   いただけると思います。

   お気軽にお越しください。









         

| 友禅 | 20:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。