京の友禅屋

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

上村松園展 最終日。

  何かと雑用に追われていて、出かけられなかった松園展

  最終日に駆け込みで家内と観てきました。

  京都国立近代美術館へ、チケットは頂いていたのでスンナリ

  館内に入り案内嬢?(お年は?)の案内で(階段)三階へ、

  午前10時過ぎ階段を上がった所で、チケットを切ってもらうが

  人、人、人、の混雑ぶり、順路が解りませぬ。

  何とか人の波に載るもなかなか前に進めず、仕方なく人垣の

  外側をマイペースで進む事にしました。

  二十歳そこそこの年齢で描かれた、緻密で繊細な人物画に感嘆!

  言葉が出ませぬ。

  動かぬ青年三名、何やら髪型日本髪に詳しいようで話に夢中、

  (少し動いてくれませぬか) 小心者の独り言でした。 
  
  人物の表情、構図に魅せられながら、着物の図柄、絞り疋田の描き方、

  半襟の模様、帯の模様結び方、等にも目を留めながら、時の過ぎるのも

  忘れるほどの至福の時間をいただきました。


      IMG_1282.jpg

         IMG_1284.jpg

 IMG_1285.jpg IMG_1286.jpg

        IMG_1272.jpg
        特設のショップコーナーも混雑。
 
  
 IMG_1273.jpg IMG_1274.jpg
 ショツプコーナーのロビー左奥にはこんなアートが、誰も見ていませぬ。
 描かれた泥は、陶芸で使う信楽の土が使用されているとか。
 向かい合う壁面には、同じ作家の<滝の線>が壁面一面に描かれていますよ。
      デジカメの映像誤って消してしまいました。残念! 
 IMG_1278.jpg IMG_1280.jpg
  玄関と通りに面した所で、見知らぬ人も一緒にパチリ!

 IMG_1264.jpg IMG_1268.jpg
 博物館四階より、平安神宮の大鳥居越に京都市美術館、
 日展も開催されていますが、松園展の余韻に浸るも
 心地よい疲れを口実に、年明け年始に訪れる事にしました。

   お昼はランチバイキングで、この所少し減り目の体重

   アップを計りました。笑。 現在58㎏
   
          




    

| その他 | 20:52 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

こんばんは。人気のある展示は本当に、人
多いですよね(汗)。美しいものを観たい
みんな同じ気持ち、とわかってはいるものの、
結構疲れます。気がついたら人の波に押されて、
何を観たか忘れる(それって私だけ 笑)ほど。
細かいところまで、じっくり観てみたいですー。

なかなか時間がとれず、久しぶりにお邪魔したら
生徒さん方の作品が素敵に仕上がっていました。
制作の過程も含めて素晴らしい体験ですねー。

あ、ゆらちゃんの生活発表会!
かわいい!なつかしいなぁ…。


| 誰もみていなかったアートにもちょっと心ひかれる柊 | 2010/12/12 22:00 | URL |

同じ思いの柊さんへ
おはようございます。もともとは、人出の多いところは苦手なのですが、
初期から絶筆までの代表作と素描も展示されることもあり、
頂いたチケットも無駄には出来ず、出かけてきました。
会場では出来るだけ人垣の少ない所では、時間をかけ丁寧に見入るようにしました。

振袖も11日着でご実家にお送りし、ご両親も感激されて喜んで頂く事が出来ました。
来年一月から、又一名、友禅の習得にくる女性が居られますよ。
”恩送り”どなたかの言葉ですが、
今ある自分も、多くの人達の恩を受けてきたと思っています、
友禅を志す人達が来られれば、自分の出来る範囲で、
ボランティアですが、お手伝いして行こうと思っています。

幼い子達の演技、可愛かったですよ。♪

| 小心者の友禅屋 | 2010/12/13 09:04 | URL | ≫ EDIT

上村松園展観に行かなくちゃ!!!と始まる前からチェックしていたのに。年末近くになるとお仕立てが急いて。。。とうとう行けませんでしたxxx。
最終日だけに特に凄い人だったんでしょうか。
一堂にこんなに見れる機会は少ないので本当に残念です~~。

| sumomo | 2010/12/24 15:28 | URL | ≫ EDIT

sumomoさんへ
私も限られた会期に行こうと思うのですが、その内に、の甘い考えで
行きそびれる事が度々有りますよ。

チケット売り場では列もできていなくて、まだ10時だし空いているなと早合点してしまいましたが、
会場の人出にはびっくりでした。
作品は年代順に観れて、その歳年の作風、
色使いの変遷等が良く解り勉強をさせていただきました。♪

| 京の友禅屋 | 2010/12/24 21:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。