京の友禅屋

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

色留袖。唐子のお顔と金加工。

    蒸し、湯のし加工が終えたものに、お顔の仕上げと

    金加工を専門の職人さんにお願いしていた物が

    出来てきました。

    人形や人物の顔の描きいれはなかなか難しく、金彩も手がけて

    いません、髪の毛や、こま回しの紐などの仕上げは、

    顔料で描きました。

            IMG_0034.jpg
            バックの地には、金の刷り込みが

            派手にならぬ程度に入っています。

          
            IMG_0030.jpg
            人形の服には、糸目の取れた部分の

            ポイントに金線が描かれています。


    IMG_0029.jpg  IMG_0028.jpg


    IMG_0027.jpg  IMG_0026.jpg
    金彩加工も全部に入れると、ケバケバして挿し色の

    良さが消される為、模様の一部や履物には入れていません。


      午前中に仕上がり、早々比翼仕立てのお願いに

      持っていきました。



                    

     



     

| 友禅 | 20:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。