京の友禅屋

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鉄線花図のゴム糸目糊置き。

     原寸大の草稿からゴム糸目糊置きの工程に

     取り掛かりました。が・・・

     反物の生地を寸法通りに墨打ちをして、しばらく時間が過ぎ

     いざ作業に取り掛かると、生地が少し縮み、草稿と上手く寸法が

     合わなくて一苦労しましたが、無事に出来上がりました。


        コピー (3) ~ IMG_0037
         青いゴム糸目には、顔料のひとつで群青が入っています

         白ゴムでは分かりにくく目印色にするためです。

         ゴムを取り除くとその部分が染まらなくて、白い線に

         上がります。


        コピー (3) ~ IMG_0035
         黒く見える糸目の所は、市販されている黒い色ゴムを

         群青入りのゴム糊に適量を加えて、グレーの線に仕上げます。

 
        コピー (3) ~ IMG_0038



  コピー (5) ~ IMG_0001
   鉄線図以外の部分は、風の流れを表現したくてベージュ色のゴム糊を

   使い、淡く仕上げる予定です。



  次の作業はゴム糊を生地により定着させるために、裏より揮発油で地入れを

  行います。 良く揮発が蒸発しゴムも乾いたら、花の部分を伏せ糊(でん粉糊)で

  伏せる工程に入ります。


  

         

         

         

         

| 友禅 | 20:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。