京の友禅屋

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

作品展用の訪問着 ” 挿友禅 ”

     コバギボウシの花 色挿し

   引き染め屋さんにお願いしていた地染めが出来あがり
   色挿しにとりかかりました。

        TS3D0658.jpg
        伏糊を取り除いた所(生地白)に色挿しをしています。
        この場所のゴム糸目は最後に取り除くと白い線に上がりますが、
        濃いグレーの糸目(色ゴム)の所も色挿し(シルエットに仕上げます)
        をしますが、これを取り除くと薄ねずみの線で現れます。

        TS3D0660.jpg

        TS3D0661.jpg
        ぼかし用の刷毛です(片羽刷毛)
        挿友禅でぼかし染めを表現する場合に使います。
        使い方は刷毛に少し糊を入れた水を含ませ
        穂先の長い方に染料液をつけてぼかしてゆきます。

        TS3D0662.jpg
        花のみに色挿しをした一部分です。
        

| 友禅 | 22:39 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

うわあ、綺麗な色ですねえ。大変気を遣う作業では?

私の仕事館でのお仕事、お疲れ様でした。記事拝見しました。

今年はまだ梅雨も明けず、毎日のように雨が降ったり止んだりで、大変ですね。
こっちもなかなか自分の時間が持てませんe-441ストレスです(にが笑)

| 美月 | 2009/07/27 01:55 | URL |

 美月さんへ
29日中に仕上げなくては、撮影期日に間に合わないので忙しくしています
、昨夜も11時まで色挿しに・・・

仕事館のお手伝いも、お客様(体験者)や館のスタッフにも気を使い、
気苦労が多かったです。

ほんとに、あの夏のギラギラした太陽が見られませんね。
夏休みに入りかえってお忙しいでしょうね、

我が家も今日から孫二人が一週間、滞在されます。

| 京の友禅屋 | 2009/07/27 07:47 | URL | ≫ EDIT

小さな花をひとつひとつ暈していくのですね。加賀友禅は外側から内側へぼかし京友禅は内から外にぼかすって聞いたことがありますが本当ですか?

お孫さんも夏休みでお泊まりに来てるのですね♪
私もお盆は張り切って皆を迎えなくっちゃっとおもってます☆

| sumomo | 2009/07/27 13:13 | URL |

ああ、このゴム糸目が、模様のフチとして最後に残るんですね!
やっと理解できました♪

一つ一つの行程が、全部意味を持ってるんですね。
茶道のようです。

友禅や日本画は、完成に向って、静かに行程を積み重ねていく芸術なんですね。
情熱を一気に画布や壁にぶつけていく洋画とは対極のような…。(すべてがそうではないですが)

友禅屋さまの頭の中には、完成図が見えていらっしゃるのですか?それとも、行程を進めながらその都度方向を決めていくのですが?
ヘンな質問ですね、ごめんなさい(笑)。気にしないでください!

| みわっち | 2009/07/27 14:56 | URL | ≫ EDIT

sumomoさんへ
ぼかし方、ぼかし色で加賀と解り、京友禅を区別する事が出来ますが、
今では作家さんの個性により、どちらの友禅か特徴がなくなりましたね。
以前は京加賀といって加賀友禅の色挿しで京都で作られる商品もありましたよ。

ぼかす方法は、図柄により暈しをどう生かすかによって、
いろいろなぼかし方を使い分けるようにしています。

お盆は四條畷にお墓がありますのでおまいりします。



| 京の友禅屋 | 2009/07/27 23:07 | URL | ≫ EDIT

 みわっちさんへ
手描友禅には工程がいろいろあり、完成させる為にはそれらを順序よく運ばないと、
思い通りに仕上がりません。

思い浮かんだイメージをまとめ、雛形図を創りそれに沿って作業を進めていくのですが、
いざ色を挿していく中で、微妙な色合いを表現するのに迷う事は有りますよ、
そのつど染料を調整し直していきます。

| 京の友禅屋 | 2009/07/27 23:42 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。