京の友禅屋

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

手描友禅

    手描友禅の代表的な技法で、本友禅とも呼ばれています。

 各工程別に分業化されていて、全工程が手仕事によって創られた作品を基本としています。


 下絵  仮仕立した生地に、青花で下絵を描きます。
    青花には本青花(露草の花の汁を和紙に浸み込ませた青花紙)と
    科学青花(でんぷんのヨード反応を利用して作られる)があります。

 糸目糊置  糸目糊にはゴム糊と赤糸目糊(もち糊)があります。
       現在ではゴム糊を使う事が多いのですが、赤糸目を使う場合も少なくありません。
       伏糊置も糊置工程で行います。

 伏糊置 * ふちくくり
        ゴム糸目糊の内側にそって、糸目糊との隙間があかないよう、模様の輪郭線を
        なぞるように伏糊を置いていきます。

      * ベタ伏せ
         ふちくくりが出来ると、模様の中全体を伏せます。

      * 泡抜き
         伏糊の中に含まれている空気が気泡となって、糊の表面に浮いてきますので、
         それを取り除く工程です。
         道具は棕櫚(しゆろ)等の手ぼうきを使い、軽く伏糊の表面をなでて
         気泡を消していきます。

      * 挽粉をかける
         伏糊の工程が終わると、次に挽粉(木材のオガクズを篩<ふるい>で分別し、
         こまかい粒子の物を選んだ物)を乾燥しきらない糊面にかけます。
         糊の表面を保護したり、引き染や蒸し工程で、糊がやわらかく戻った場合に、
         糊が直接他の生地に触れて付着する「打合い」の事故を防ぐためです。

 引染  引染は、生地に染料液を刷毛で均一に、または暈し表現で染色する方法です。

 挿友禅  * 糊糸目友禅
         でんぷん糊(赤糸目糊)で糸目が置かれた友禅で、糊置後、地入れを行い、
         挿友禅をして、蒸して染料を染着させ、模様部分を伏糊置してから
         地色を染めます。

      * ゴム糸目友禅
         ゴム糊で糸目が置かれた友禅で、先に模様の部分を伏糊置し、地色を
         引いてから蒸し、水元で伏糊を洗い流し、そのあと挿友禅を行います。

  蒸し 模様部分の挿友禅や、地色の引染が終わった生地は、乾燥後、蒸し工程に入ります。
     蒸すことによって染着がえられ、完全な発色を促し、その染料の持つ色相と
     染色堅ろう度が得られます。

 水元(水洗い)  蒸しの終わった蒸し生地は、直ちに水洗されます。
          未染着の染料、薬剤、糊料、を完全に洗い落とす作業です。

 揮発洗い   ゴム糸目加工のしてある場合や、蝋加工の物に揮発洗いで取り除きます。
        現在では火災防止のため、パークロルエチレン(パークレン)などの使用が
        多くなっています。

 ゆのし 織物に蒸気を当てて生地の風合いを柔軟にするとともに、シワを伸ばしたり、幅や、
       長さをそろえたりする織物仕上げの作業工程です。
              
    
    * これらの工程の後、染め上がった生地に加飾する目的で金彩(印金)と
      刺繍(繍い)の加工を入れる事もあります。      

       

| 友禅 | 00:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。